今日の時間をもう少し楽しんでいたいが眠気でぶーくぶく日記
エピ3第5章 出来損ないの最高傑作
2015-07-27 (月) | 編集 |
今日もくどいぽ。
あ。いつもか。
ハハハハh・・・( ̄▽ ̄;
なので、今日はストミ部分だけ濃厚に、あとはかるーく。(ほんまか。


でもって?

まめさ・・・こわいよ?
この章で、実に意味深なセリフが多い。
深遠なる闇はなんなのか分からないってゆーてたシャオであったが、この章にてある人物がずばりと回答している。
やはり、人の歪んだ感情のために造られたものですよと・・・
また仮面の登場が出て来ない章だが、きな臭い?wイベントシーンもあるにはあったんだよねー・・・

次章、ちょっと違うコト言いなさいよとつっこみたい。。。













エピ3第5章イベントその1エピ3第5章イベントその2
エピ3第5章イベントその3エピ3第5章イベントその4
エピ3第5章イベントその5エピ3第5章イベントその6
おっし。ひじょーにくどい日記になるので、まきまき!!w
えーと、イベントシーンで気になった点を・・・
マターもらうイベントからだが、シャオが、体は大丈夫なのか?と、気になったと言っております。
10年前のマトイと被るらしい。ふふーん?w

ダブルは、戻ってくるのに手間取った、けどもうエルダーは居ないと言っております。
喰ったんですな。

で、パティ&ティアに勝手に着いて行って(w、一緒に混ざって出て来たマトイ。
ハルコタンの奥地に、黒の領域があって(白の領域のが都会だとゆーことかw)、ダーカーの侵食が進んでるので、今アークスで調査中ってゆー話。
この後、ティアが、自分から積極的に情報を仕入れてくるとか、なによりしゃべりがうるさくない(wってコトで、マトイにこれから2人で情報屋しませんか!!(ガガーンッ☆

そしてレダ。
会った瞬間に、ダーカーかっ!!って、ひじょーにビビッとります。ものすごいダーカーの気配がしたんだとゆーとるんですな。
うん。意味深。。。

そしてディア。
見違えましたねー。引きずってないと言ったら嘘になるが、ゲッ様の言葉のおかげでようやく前を向いて歩ける気がします。
ねえさんの名前で生きるのは、前章で終わりと言ってましたからね。
みたいなコトで、この様相になったディアとゆー名前にて、カードをもらってロビーに立つようになりますw

あと、カトリ、サガの漫才だとか、クーナ、あひんのしゃべりだとか、イオのしゃべりだとか、ジグ、姐さんのしゃべりとか、クラリス、サラのぶっさいくな姉妹?wのしゃべりとかありますけども、ストミ上では大して関係ないと思われるのではしょりw

前章ではメイン?であろうあひんの登場は、この章ではユク姉との絡んでしゃべりのみですな。
当然、前章と同じくあひんのゆーコトは否定したいが、出来ないもどかしさ?みたいなもので、都合悪くなると逃げるパターン。

ストミと関係あるものとしては、スクナヒメがマガっさんの封印のために消耗しとるんで、直接動けないってのがあるんで、黒、白の王に手紙でも出して、民自体が自主的に動かないかとゆー話になって出してみたもんの、やっぱり白の王は臆病もんなので、城に篭ってるから、スクナヒメの天罰?を待ってるみたいな返事で、黒の王は返事もよこさないので、どーなってるんだ?とゆーコトから、直接赴いて返事を聞こうとゆーコトからのストミなんですな。
コトシロは白の民ゆえに、行ったら余計に話がこじれるからとお留守番。

で、後日談的にだが、戻って来たマトイ、自キャラに対し、のんびり生きていこうとは思わないか?とゆー場面。
とても印象的です。ダブルの力を見誤ったために、えらく無理をさせてしまったよーであると。
望むならば、ハルコタンに住んでもろーて、あらゆる敵を払うぞ?とまで言ってる。
生きて帰ってきてくれただけでも・・・とか言わせてるのが、観察おばちゃん的には、ひじょーに意味深に思えたセリフ。
ぬふふふ・・・

エピ3第5章その1エピ3第5章その2
エピ3第5章その3エピ3第5章その4
エピ3第5章その5
へぃ、次ストミ部分。巻いてるよーで、巻いてない。(汗
黒の城に行くまでが、黒の領域場面で、けっこーキレイな場所なんだよね。スクナヒメの後ろ側に滝っぽいものがあるのだが、それがまたキレイだなーと見ていたw

で、すんなり通してくれた理由としては、ハルコタンの神子だからだとゆーコトらしい。
白、黒の王、両方とも即位をする際に、面会していて、白の王は術の才はあるが、臆病で王の器ではないと思った。
黒の王は、聡明ながら傲慢であったらしい?
スクナヒメは、両方の血をもらってるってのが、よーく分かるエピソードですなw
だから、白も黒も血族だから、両民ともおろかだとは思ってはいるが、血族を捨てるのは外道。なので、ハルコタンを救いたいってコトだわな。

で、黒の王に会うと、すでに様子がおかしい。
会うとすぐに逃げてください・・・と言った瞬間、ダブルに消され、コピーが無駄なことしゃべっちゃダメじゃーんで、黒の王だけでなく、全部喰っちちゃったと、子供のよーにあっけらかんと言ってる。
そう。全部ですよ。全部。

なので、次のアップデートで開放される黒の領域は、ダブルが作り出したコピーの世界ってコトなんだよねぇ・・・w

で、イベントシーンで、自キャラが目障りだと言っていたんだが、マトイも一緒にいる、元から喰う目的だったスクナヒメも居る。
みたいなコトで、喰おうとした瞬間、スクナヒメを助けた代わりに、自キャラとマトイを喰っちゃったが、どーすることも出来ないスクナヒメは、分が悪いので早々に帰還w

ただ、喰った後のダブルが、なんかいつもと違う気がする・・・とゆーてるセリフが印象的であったw

エピ3第5章その6エピ3第5章その7
エピ3第5章その8エピ3第5章その9
エピ3第5章その10エピ3第5章その11
エピ3第5章その12
で、ダブルの腹の中。
最初に、ルーサーがイスに座って登場w 同じ様にレギアスにスパッと斬られた後、喰われてますしねぇw
が、ルーサーはシオンの居ない世界になど興味がない、ダークファルスの腹の中なんか体験できるもんでもないので、特に不満はないらしい?
なので、道中案内してくれるらしいので、ついでなので観察してみたんだなw

職、テクター、フォース。
武器なし。マグなし。
道中、次々と、次のアップデートで出て来るであろうの新しいダーカーが出て来るが、そのつど敵の特徴なんざをしゃべってくれるので、実に親切ですw
で、使ってたテクで見たものはサバ、イルザン、ナグラ、イルグラ、アンティぐらいかな?
あと、フォトンフレア?も使ってたかな?

で、道中ルーサーのゆー通りに進むと、おもちゃダーカーと、ダーカー以外の敵色々が出て来て、各マップの最後?にコピーの若人、敗者、アンゲル、巨躯、ヒューナルと出て来る。
ゆー通りでないと、コピーでない方らしいのだがw
コピーに関しては、ほんとに喰ったのか?出来が悪いとゆーとりましたねぇ。
特に、自分のコピーに関しては、出来が悪すぎて怒るより、寂しいと言ってたね。
なので、巨躯が終わった後、本当に全部喰えたのか? ヒューナルが終わった後には、他に喰われていたんじゃないか? みたいなセリフになっとりました。
フラグ、フラグ・・・w

道中と最後のおもちゃダーカー。
ちっさいポンタ・バクダちゃん・・・こちらに抱きつき自爆するので気をつけろらしい?
くまに似たピクダ・ラビッタちゃん・・・ゆるゆる近づきこちらを奇襲する。攻撃が大振りなので、対処法は想像つくだろう?らしい。
家の形のオロタ・ビケッタちゃん・・・時折出してくる赤い顔をたたく。それ以外だと、怒るらしい?
馬?の様なマーダ・トカッタちゃん・・・頭の上が弱点。赤い鼻を攻撃すると、頭を下げる。
最後のコドッタ・イーデッタちゃん・・・外装の関節部分をつぶし、中のちっさい人形みたいなのをつぶす。

エピ3第5章その13
エピ3第5章その15エピ3第5章その14
エピ3第5章その16
道中の小休止ではないが、ルーサーのおしゃべりが入ります。
シオンはなぜ、人を超えた存在なのに、人が暴走するのを見ていながら介入しなかったか。
シオン自体が、究極の存在を作り出した。マトイですな。
ダーカーの元となる、深遠なる闇の作成を認めたのはシオン。
深遠なる闇は、シオンの模倣品。フォトナーが作ろうとした、人造の全知存在。
人類が、なまけよーとしてフォトンから作ったもんの、人はやはり歪んだ感情を多く持つものですしね?
フォトンは、感情の影響を多く受けるんで、負の感情と入り混じって、負の権化し、全てを滅ぼすためにダーカーを生んだ。

シオンは、何故今のよーな結末が予想出来たであろうに、止めなかったか。
ひとり?、ダブルの腹の中に居るルーサーは、今なら分かる気がする。
さみしかったから。。。と、答えるんだろうなと・・・

そして、最後に次のアップデートのムービーでも写っておったボス登場。
ルーサーの、ご丁寧な説明の後、サクッと倒した後、ダブルの腹の中の宇宙の端でもう一度問われます。
外の世界の、ダークファルスを仮面以外喰ってしまってるダブルの本懐、深遠なる闇は復活する。
そんな滅びは必定な、苦しみしかない世界に戻るのか?

戻るのならクラリッサを構え、力を集めろ。
ダーカーを倒し、ダーカーを喰らうその時のイメージだとゆーとります。
ちょいちょい、マトイの覚えてない時代のコトをゆーのですわ、この人w
そんなんで道出来るのか?とマトイに聞かれ、ルーサー自身はムリだが、おまえらアークスには出来る!



と帰還し、ロビーでシャオとサラがおどろいて、無事でよかった。
でストミ自体は終了。

で、この後にマターは、ハルコタンで沈むスクナヒメ後日談?を入れてたりするんだが、先にイベント部分で書いてるので、まあいいか。
十分長い!くどい!w

と、この章で、前章にてどーなったかの巨躯とか、深遠なる闇の説明って感じで、あとマトイも闇をかかえたままだが、自キャラもレダがびびるほど?何かに変わりつつあるのか?って感じですわなー。
来週がまた楽しみですなw
子も楽しみー♪とか言っておったので、またずががg・・・と消化は決定事項w

ふー。おわり。

何の争い。メセタンやー
あたーっく!
そして、昨日も?いつものメンツと集まり、シップ待機中になんの争いやねんを観察し(w、びっちびちでは(ヤメナサイw)メセタンを見て、後は身内で集まり境界周り・・・

いつもと同じく、平和におわりましたー。( ̄▽ ̄)



スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する